忍者ブログ

skrillex

私の物語

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

私の物語

私の名前はラクダ秋红、今年25歳。広東省竜川回龙町。今深センで1つの電子会社の駐工場で働く。成長した25年、少年時代の少しは今までの靑年、私が経験したすべての経験は私に回想に値する。
生まれたばかりの私は泣く。ややもすれば泣いてから、両親に呼び出された花がされた《泣き虫王』
小さいときから私は物事をわきまえていない子供で、毎日お母さんに追われて、原因は私の言うことを聞かないと、毎日テレビを見に行きたくない仕事をして、甚だしきに至ってはうちにお母さんが留守の時に、私は自分自身をいやがる活に押し付けるのは自分より年下の妹にして、彼女はしない私はそのまま彼女。私は前に思い出して。当時は本当にドラマに惚れた、私に自ら抜け出すことができない。ここから家族のタイトルは「テレビ王』。当時の私の母はとても失望して、ははを罵る。だから、私は家出する機会が多い。最終的にはお父さんを見つけた。あの時の私なのである私が嫌いなお母さん。そこでママ私は何をして、お母さんは決して褒めてくれ。甚だしきに至ってはいつも私を持って近所の人と比べて、言います:あなたはすごい人、読書、人も特別な、あなたはあなたを見てみて、そんなに怠惰で、本を読むのも込めていない。私の心の中に特に感じの不満。
推荐文章:你是我的爱
姐妹花
lemolena
小呆
風の神
も知らない私は物事をわきまえていたかが小学5年生の担任の先生に感化されました。その時から、私は家に帰る母の手伝いで水、水を煮て、野菜を洗い、煮物など。甚だしきに至っては勉強も努力したが。両親は私を見ると急にこんなにまめにどのように彼らを思っても、私は成長して、物事をわきまえていた。覚えているのは1回私は水の路上で、隣のおばさんが私に聞いてお母さんのこの村は誰の家の子供で、どうしてこんなに甲斐甲斐しい。私のお母さんは笑って、彼女は言います:これは私の娘は、ああ!最近彼女がとても甲斐甲斐しい、何でも喜んでやってくれ。はは……あの時私は初めて見たお母さん笑ほど光り輝いて、初めて誇張して私。その時、私は泣いていた。思わず涙を殘して来たので、私は決心してきっとよく彼らに親孝行。また、私は自転車に乗って祖母の帰り道、姑を持って見ていい一袋で困難なものを歩いて、私は彼女を見ていては忍びないて、しかし私は勇気がない前に、原因はいいのか分からないまま。だからは自転車に乗ってそこに戸惑うが、最終に私は依然としてて話して、おばあさんも遠慮しないで、途中はいつも言ってどうありがとうね!私は小さい年齢心なぜこんなにいいよ!うちの時。姑に感謝するため、私は彼女を買って帰り、準備に孫の肉まん食べ全私に、私は要らないで、彼女は私にあくまで詰め込む、お母さんや近所の人はそこで私を見て、私に聞いてどういうこと。私たちはお母さんを事も教えてくれて、もう一度笑って、近所にも誇張して私。お婆さんと別れを告げた。家に帰ると、弟の妹はすぐに話をすっかり饅頭、あの時、私は笑った。その年私は13歳になった。
中学校までため、学校は家から遠いので、下宿。学校は毎日食べても飽きた、ダイズ、家が貧しくて、私が買いたい料理食べてもお金がなくても買いたいおやつ、補習の本にもできないように、お父さんに。クラスメートは毎日間食を食べて、補習の本山、心の中は羨ましいことは自分も考えないで多すぎて、彼らとはない。父は時々は私にいくつの角、私を見てお父さんの断片の小銭を言うことができない。
そのことがおかしいのは本を読むとき、私は授業中に明らかにとても真剣聴講して、積極的に宿題を書いて、積極的に質問、とても努力した毎日早くに学校行って勉強を向上させることができるためだけに。しかし違う。勉強ばかりでなくて、この事は私がずっと困って、いつも考えていて、私は頑張ってくれた、どうして、成績がこんなにも。さんが教えてくれたから私は基礎ができていない。私はよく考えてみても、後にはそれを持って子供の頃読んだ本見なおしてしまいまして、やはりだめだ、思わず気を落としても、しかしさんの話は私を励ましていない前進:どんな結局、最も少なくとも私は努力しましたが、これまではあきらめていない。だから私はずっととても努力して、放棄していないで、たとえ私は失败しても、私は後悔しない。
私の卒業の時、私の同じテーブルに渡してから出ないで試験受験料行きたくない、私は聞く、即座にいくつかの学友のいっしょに相談しなければならないように忠告して彼女に試験。私は彼女を恐れて後で後悔することになるぞ、。探したの機会と彼女は言います:私達は不合格と分かっていても何の高校が、我々は最後までの大半を、もうその一歩、放棄しないでください、何としても最後の最後まで、私たちは後悔しないように、私も考えない試験がいいが、と私達はすべて堅持してここに着いて、どうして歩き終わってないですか?あれやこれやと述べるやっと彼女を見て頷いた僕の不安な心も受話器を置いた。
私は異性のことを見ると、私は彼らと付き合うできない、家族を除いて、かえって同性と付き合ったのはとても打ち解けて、知らないのは私が内向的な関係も私自身に問題がある。どんなことからすれば、異性と接触すると、私の中心はバタン跳んで、この件はずっと今まで続いている。
PR

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

P R