忍者ブログ

skrillex

何度も春秋、梦回もの

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

何度も春秋、梦回もの

へ捧げいただきたい、「子どもの日」。ボクへ
空気の中に氤氲て小さくて凉しいの、青色にかこまれて绿横亘で私たちの目の奥に水墨、落ち着け内容以外の姿に、のどかな人に行って少しばかり昔思わずdazsであるため、私の頭の中は、歳月の堅い雾の、何度も春秋、また梦回もの。
——着物も
ほとんどは梦の中では、私の最年少になって、ようやく伸びやかすらりほれている素振り、多くの时に、幼い歳月はいずれも、私は広々した思いで無期限を拡大することになって一生の中で最も懐かしさが最も纯粋な時間を過ごした。
私たちは、俗世の上海では、なぜか一匹狼には青春が最も未練があるだろうか。
子供のころ、私の頭の中にいて採点基準や非紆余曲折をにあったのは、より良い生活を憧れ,渇いていた、水を飲む;お腹が空いた、母の小麦粉を手面;疲れて、暖かい炕头;寂しいよ、ごり押しパートナーである;気の毒なことなら、両亲が暖かい懐ややわらか語が挫折した。
幼少の顷の空はほとんどない悲しみの影、清风が、私は楽しいを走り回り、広い田野,狭い路地、はぬかるみの郷土小路……所々にして私の语源の笑い声と纯真な若さだ。
▼歳月は流れて、私はかつての走る姿を長く、歳月の拈支離滅裂な状態に陥った。それらの純粋なすばらしくて、形骸化して久しい时を过ごして、一绪に磨きを締め付け湖の奥のように静かで、すべてのことになって、全ての定まら雲は歳月の奥をたつのは語った。
生活の中で、私の心を磨きをなくしてきたまんじゅう粗悪で・・・・・・の色を前にして冗杂些細なことでしかないんだ、思い出し幼少の顷、バンに感じて、义逹も1种の幸福だ。
幾重にも罅隙越しの歳月の、私に触れている。そのときの魂をなびかせ心,載多くの夢だったが、歳月の成長で、不可能だった。
徹底した后に、私はやっと分かった。幼少の執念は最後までこじれる;幼少の顷の憧れは最後まで心を牵引します;幼少の顷の好奇心は最後まで単純;幼少の顷の追求されたが、これを刻む歳月のか細いぬれるある夏の日の雨の後だった。
幼少の顷の欠損は結局、サンゲドン出なかったのは、私の人生の丸い佇んで夕暮れに暮れの忧え悲しみの中に、静かで、手でなければすそ一树緑、緑をレンダリングこと中で、私は探して昨日紛失した夢は、一树の緑は夕日度に濃いきました。
花が咲き四季、意味深长行かふ、私たちが抜けて幼少のしたにもかかわらず、もう1度会います無知から外に出られない世俗はらんの円だが、外に出られない世の中纷扰、幼い置き去りにしてきた人ですか、振り返って楚ぼ五更で振り返ってみると、韶华難賦は、かつては賦新語入りは、今、汗だくになって、难しく捌い愁味を軽減した新造語だ。
千語を胸に、言叶遣いは無言のまま、私の薄いペンをなぞるたる洒落どこもかしこもの青春最年少で、私の思想に流れ、空気中に首筋から轮模写にくいの思潮寄せる。
人の話によると、生活は削除は昨日の悲しみ、コピーの今日の喜びを、私をつなぎとめ昨日の楽しみ、削除して今日の悲しみ、生命の中で永远に安心できない。しかし、僕の一生の最年少は、二度と帰れない私の世界の中での跡——を育て上げ散る風だった。
は季節の奥にかくれていたんですよ。ほら、繁華街。イメージ三千を见ていると、流水河水が见えないため无形の物を望んで韶华バンピー月日を挫折させたにもかかわらず、それはどうしようもない、私は遠くを眺めていたが、懐かしさしていて、誰がその生命の中のタバコ飛散を散らして1世の横と縦と绊、谁をそれは確かに花火みたいに過ぎ去った日々を読んで、チが最后までであると同時に、誰なのか、临风は歳月の町、望断天涯、幼い歳月貰える廻る。
最年少は冠水したとき、未練だらけ一ふしわれは道の向こう側の退去に;最年少は窓の外加下の藤、広まりつつ、黄昏が肯年老いていく;最年少はあの华灯初めの上に蔓延したます無知が続き、一時は昔の韶华淋しさにした。
歳月の陰影をして、结局失ったあれらの懐かしいな時間を過ごし、身を委ねてからごとに1つの歳月の俎上に載せられ、——そして磨きし、もう一人の自分、我々は、世事浮沈を歩いていて、まるでユニダ中流、いつの间にか、目が覚め彷徨>何に行きたいのですが。
私は空を仰いで感知され、あの时の青春が、どのようにするようになった」と认めのように揺れはこの世にするようになった」とし、最終的に花火みたいに溶け込んだ。私が街にuターンを见ていると、隔世の感を川に二十年前の自分に見え、急いでその田舎にしがみつこ小道、なだらかに、向こうの学校です。
幼少の顷の友情を持っていないのも、情笃意深の利益葛藤から、今日、ぼくはこの抒写文字は、最初はすでにあなたの姿、陸地の最南端、私とあなたはいつ手を携えて思い起こしあの青ネギ歳月、歳月の向こうで、私のような気がして、あなたが私と二人で並んで腰かけ段に、空の星を数え、今夜星はあいかわらずで、あなたは私を間に挟んで歳月の深いの跡が、早くも変えたことだろう。
何度も春秋、梦回最年少だったが、今日は他ならぬ「ボク子どもの日」を見て、私はあの翻った街の质朴纯真なクレイジー、軽快な音を聞いているから聞こえてきたの大歓声に、私の涙を流し、思わず密かに落ちて、何度も梦(しゅうかんのんも見いだせない。あの時の最年少……
PR

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

P R