忍者ブログ

skrillex

過去のことを忘れよう

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

過去のことを忘れよう

五月の天気が晴れて、あの清新な空気が流れ緑の叶间、花の群の中。と続いて絶えない香りの息吹。ウグイスの声が響くながら同じこの梢。明るい光が抜けて木の枝や葉っぱが大地を照らす。靑い空、白い雲を描きこの都市の壁紙。
李叶ゆっくりと歩くのがこの街で、緑の楓太い枝でその竿をこの街で構成した道の回廊。今の李叶あてもなく歩いていく鳥鳥の声がうっかり滑り込んできた彼の耳の中で、彼は足を止めて見てそれで高い梢は、あの鳥の姿を探して。彼はよく聞いていない鳥の姿も似た。
彼はかすかに仰向け口元に苦笑していた「あなたも私に会いたい会いたくないでしょう、私は、あなたが呼んで何をしますか?」軽く頭を振って嘆くが、李叶は歩いて行く。
あの鳥はまだ枝と呼んで。
この日は晴れ。突然電話を就寝中の李叶で目を覚まし、「ねえ、あなたは誰ですか?」
「李叶、私阿军ねえ」と電話で回道。聞い李叶すぐ楽たのですが、自分が小さい時からの仲間。「何かはないご飯食べましたが、私はこの。」
阿军は笑って言います:“あなたはまた今度にしましょう、今度私でしょう、なぜなら私は結婚しました……」
「結婚」というように寝耳に水を李叶震かも、李叶淡い「わかりました」と彼のあの大きな目が釘付けに壁に写真結婚写真、男は微笑んで今きれいな妻の横に、そして心は刀のように絞るような痛み。
にぎやかな結婚式では、李叶笑って祝福に新人。1回の披露宴で李叶飲むだけないように、その悩みを忘れることができる。内心の苦痛はできませんを抑えて、意誌がはっきりしない李叶ちょっと眩暈はぐらかしていた、彼はのどがみんなの前で号泣し。こんな譲渡みんなびっくりしたが、左右に聞いて李叶刚を知り、元妻と離婚した。空に雲が翻り始めた。
気にとめていないのは多すぎて、李叶独自に西湖の岸辺。ヤナギがなよなよとしている、春風持って人に1種の酔い心地。日光の起伏の湖面の波がきらきらと輝き。彼はそこに立って、川岸のへり、遠方を眺めて。夕日が西に瀋む、また一陣の風が吹いてきて、見えるのはそんなに寒く。絵画のすばらしい画面、一段一段幸せな時間李叶の脳裏の中で上映して、しかしこのど堪振り返って、もう二度とない。
涙が溢れ、滑る顔、続いて空中で曲がる条の細い線の「叮」、水に落ちる小さなさざ波を巻き起こし。この時にひとしきり劲风出てきて、彼の髪を吹き飛ばして、彼の涙が乾いた、彼はまるで夢から覚めて。李叶見て落ちる太陽は「過去のことを忘れよう。」
一日ぶりに、李叶歩くその花びらに緑の回廊の下で、飛ぶように力強く歩く。自らの通行人に挨拶に行く人はいないが、彼を気にとめて。ひとしきりの葬送曲は遠くを持って、1部の好奇心を見つけるの李叶重い地方。
一団の外で唱えている:「いい若い人なんないではありませんでした。」「そうだよ、なんでそんなにくよくよする……」もともとみんなが自殺する靑年を惜しむ。李叶と「離婚にも満たない一番つらいことだろう、ああ、かわいそうな人なんてどう考えられないよ。」
李叶難なくの人々の前に割り込む。彼が見て堂のあの写真の時、彼はまた、心臓も動きが止まったよう。週りのすべても静止その瞬間は、静かな、ちょっと怖い。
写真の上の若い人が自分はどうなってるの?彼は大声で叫んだ、聞こえないのが殘念、なおさら人が彼に慰めの言葉をかける。彼は立って見てその人の群れの中で、家族は苦痛な泣いて、彼の手を伸ばして掴めない。が一気に麻痺座って、泣く。
これはどうしましたか?まさか……
真愛如水 小路彎彎直,大路直直彎 実はただ私は意識風花前に 銀箏夜長く懇ろにやって 我們寫下了愛的神話 夜還是寧靜的夜 遺失的美好,不會再倒流 落雪風情 辦公室的一天 逝去的歲月
PR

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

P R