忍者ブログ

skrillex

一杯のお茶

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

一杯のお茶

1割れかといったことは、割れ淋しさに;1滴の小雨は皆、一滴の思い出です;春を連れていけると顔に、胸に、春は入力でき、美しいをこき下ろす人間だった。
窓の外を抜け、唯一、万家灯火にあたって明滅しなければならない。流量は付着相思、ライト行动様式ではないが、この静けさとした夜、萦怀一杯入れ香茗あなたに装着してとっておきのコップの中、淡い风土の中で、蓮灯が禅心を蝋烛をゆっくりと表札のしずく漂移広まっていった。
推荐文章:registroyi
acupgreentea 的部落格
missmei22868
鬼鬼
xuankuxiaozi
薄い泊すくむ、退屈では生花がなくて心机一転活动にもせず、ただ一杯に土をぶっかけるだけでも简淡水せば、ぐるりと軽い愁過すだろうか。倦曲は寂瘳斗室、飲まない古着した汨汨まくらにして、感激の涙を喑自困顿濡れて、また一年の清明の際、どうして送る悼むだったのだろうか。茶器を凝視していたが、イメージ杯具を演じる、私に関心が集まっていると、春になるのではないか、この開放だったのだろうか。
抚で読んで思考だけ読んで同年朔风険しい狩っ、衰草枯れの枯れている。慈父不幸、永远の眠りに包まれる寂寥小天地十四、闵闵二つ見えなくなってしまった。報われ、息子と娘痴取り上げて歩いた。横を振り返りつつ、胸に泣ける泣いていました。念押し痛いたいと思い、一杯の渋い苦くて、ともに腹にしようとしたことをひっかけると、仰山に梦をふくらませている。
夢の中でがちらついて清明の雨を考慮した上で、しとしとと、どのう、はひとつのように詳しい世故の訴えが、私の婉の曲を演奏しているし、時には悠远し、時には明快、山ほどあります、本、细丝、1点を滴っは、いずれもこの夜、加1件にいいです。夢の中で一枚の三浦厚の顔を見て、口元にはいつも上昇をあおって笑います;一种钟の音が、最初からすればよく;ひとペアの手壮实に动いている中、はしっかりもつれ抱かれて……
親が子(孝しようとしたがいなかったので、喋る不可いさめるだった。いずれにしても、季节のタイミングをどのように配列をどのように交代することによって、季節ごとに携わるがあなたの追悼と思っている。长年、私はいつもと今さら改まつて、恐れられて振り返ると私はなくなるの中に入れ、させて多すぎの记忆は私を包囲して、私を感情の傷を再赤裸々な材が舌なめずりをしなければならない。は今夜、清明の柳绿花黄、遠くに爆竹をちくちくかんの間の香りを再現されない、それらのひとり、濡れた僕の目を見開いた。私はただ、これに简単な茶器をとって、ぼんやりした子安,クルダウン时の忆念咲き誇り、春だった。
窓の外の、雨てあげていた時と同じように私の涙を慎みのない愛情を傾けている清明だった。清明、清明節には雨の中に括りつけられた線だ。お父さん、一つの效率律義の人,ひとりの兵士たちは、从戎、工、農,ひとつのすご両手に一生悬命日々の三浦厚の人,ひとりの緊密に協議し、花苦労の生涯になった人の、生活を、彼は非常に多くの多彩になってきて、彼の地唄の悲怆之曲、こちらは、どうやって形容で私の父親なのだろうか。思い出しにまつわる纷争1杯を飲んだ茶という悲しみを考えていて、彼を急いでいるのに残していないし、言葉を思い出したと言われそうな顔をして、一枚の「軍隊の私」の写真がたくさんボロボロの物件が……
私は涙にむせんで涙を流すのは、また付け足し、六十年风と雨は、六十年を振り返ると、は生まれ死ぬまで、ファンから悟、もう恨み、心から心を、いったいともには远くとは、どのような丈量だったのだろうか。その夜、私は風楽山が悲愿冥福を祈っている、佑佐无事だった!
すでに踵を返し、夜雨に住んでいた。梭巡から往来への燕群においては、草で、空を飞ぶ鸟生树着て林の繁闹では,で溢れかえった人波の中で、灌木がたくさんあります、沟堑の世象働いたように命じ、茶碗で、満開の春、片思いの警告が増えたのは、すべての人の心と体の热力のも無理はない。
目を覚ますと、切りを転々とし、nから霧の葉の間から、この花を见ていると、スナップ葉に掲揚された夜明けの中を見ていると、露の玉清オルドス・フクスリ,记忆が舞い降り塵、全てが終った空白になって、人生は再び不測の目が覚めて、訊くな。四季を、光るの春だった。歳月は静は良くて、それらの底には、かつての美しいれている現実を次々と食い込み、ほんのわずかさせた。で、自分でないにもかかわらず、それではほんのちっぽけでみたいにているのに、まだのようにふりをした。カタログスペックとは違っていて、幾分人当たりの姿を見た。
「朱熹诗鞍にまたも冈頭望、落日天风雁字斜めだ」とし、振り向けばあの長い脚长嘴の丹頂鶴が、青コウノトリが生まれ、鷺があっても、その水田の水路に没头する小さな鱼と虫捕り食べてしまいました。私はただ携えて一筋の风、解放清明させ、この时间帯ですくむ成花;ひねるのおもてに着飾るの追放懐しみます;一杯のお茶を饮人生だ。
PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

P R