忍者ブログ

skrillex

彼らの話に耳を傾ける

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

彼らの話に耳を傾ける

雨はとても大きくて、日が暗くて、歩行者道色だけ。
水しぶきを走らせて、いっぱいは雨のジャングル、気持ちがいい。
何度も何度も、一回また一回、うらさびしい通りを交えてビンビン冷たい雨の滴が、やっと発見して世界は美しく。
誰かがわかって、浮世にぎやかでも朝な夕な、寄せ集めの時間は一生。
一生、長いですか。短いですか?少しだけらしい、きれぎれ。
推荐文章:yoyo
美しい麗
親愛なる小peng
opyrigril
希望女神
甚だしきに至ってはまだ間に合わないこの世界に見とれ万花ジャングル、まだ間に合わない世の中の風雨を、まだ間に合わない経験の人生のすばらしい。
私は滯在時間の果てで、歳月の痕跡を見ることしかできなくて。
速すぎて、時間は過ぎるのが速すぎて、歳月は流れの速すぎて。
記憶に殘った余痕、夢を追う辛くて、すべて私の人生の中に慌ただしく重い漕ぎ次の筆、風に漂う、自花が散って、ずっとずっと私に伴ってい。
私はこの果てが見えない空の下で、世界の存在を感じて。風の中にまだありてちょい冷たい、1種の感情のように流れて、ゆっくりゆっくり、流れに私の心の中で、暖かい、甘い。
風の中で乱れて、空の下を走って、時には潮のように記憶を襲って、酸っぱい、渋いの。
たまに期待は海に面し、に風が当たって、あか抜けて高慢。
少し、きれぎれしか形容、過去、形容あれ1種は充実していて、理解されないの人生。
そして今、努力で、堅持して、勇気をもって埋め以前あれらの殘念。
私は、あの時、私も勇敢に飛ぶ世界漫遊。
生活、すばらしい生活は苦難の生活は、生活、ただ違う過程だけ。はい、私はずっとこのようにですが、生活のような生活にだけ。
雨上がりの空はまだのような靑い、風雨の後だけに世界の色をさらに色鮮やかに、すばらしい生活が始まりました。
ないように何があったのと同じで、何も変わらないように、まだ同じ。
生活はまるで伝説物語、記載されている私たち坎坎きてきて、すばらしい困難な人生のストーリ。そこに喜び、悲しみ、哀が恨み。そこに、私たちは物語の主役。
私は、すべての人はすべてが自分の伝奇物語、人々は自分の人生を。
世界を考えると考え、生活、人生を考えて、苦しみは難しく、喜怒哀楽も一つ一つが現れて、その過程も自分がやっと知っていて、経験したのか、何に分かった分かった、何もできないと知っている人。しかし、これこそ人生のではないか。
こんなに静か歳月、心を静めてみて自分の物語は、自分の筆法でつづる人生。殘念がない限り、すべてよい。
PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

P R