忍者ブログ

skrillex

悠深い静寂

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

悠深い静寂

雨の音、だんだん強く転が弱いから、最終的に殘りしとしとと。倚窓を見て揺れている雨軽く柔らかな地に落ちを巻き起こし、一回り1週のさざ波、例えば心花少し、果てがないなら。窓の外、小径の靑春で雨の旬日洗濯もっと見経清新で、上品で、そよ風の中でそっと揺れてしなやかな姿は、私を呼んでの到来。
推荐文章:lishachen
lisha1989
daiqianwen
雪花
ailishing
小傘を支え、1件のゆったりとしたコットンロング、石段に沿って、独りでそぞろ歩くは静寂な路地や横町。石の坑道の静寂、気をつけて歩いて、私がこの得がたい静かに目を覚まして。
雨に洗われて、舗装路をもっと見靑石の純樸な上品、誰の家に長く伸びた竹籬左官叢婆それで静かに落ち、緑は目の間、きらきらと透明な雨緑の葉に転がし、清らかな心を持っているような胸、安然、瀋黙のそこにたたずむ。スウィフトの数だけを斜めにひらり飛んで、しなやかな姿が瞬く間に消えてしまうが、まぶたに、暇で数本ぴいぴい耳に軽く響く。
路地裏、悠深い静寂、情景は思わず戴望舒の『雨巷』、かどうかは、私もこの海の路地、逢しているような丁香のように、結んで愁怨みの娘か振り返って見て、私だけを、そっと足音を伴うこのしとしとと雨の音、この路地の静寂を叩く。
背を向けて巷角、一人道行く人だけが歩いてきて、まただけの回転、不確かな姿ほどいいほど離れて、だんだん消え行く路地裏、私は甚だしきに至っては彼女の顔を見えないのか、彼女の顔を含んでいるのはこの雨の喜びあるいは腹立つ。
生命の中でどれだけのすれ違いの出会い?急いで来て、まただけに、少しも殘さないの跡。
朝露に来ように、雲のように。
あるいはまた、いつも一部の出会いをいっぱい書いて詩的な美しいような曲、平仄交代の小さい詩、韻脚に喜びと感動に満ちており。
と思っていた、美しい風景がずっと佇んで目にして、すばらしい感じが続き、しかしある風の午後、やっと気がついあの熟知の姿はすでにだんだんだんだん遠い、散るは天涯を探してない。
生命は水のように、時間と果てしなく広がる荒野を、私たちは何が出来るのか?引き留める何ですか?また、何かが変わらないですか?
花の遅れが再開の時、しかし、私達はまたどのように、昨日のそれを枝に咲く一輪のですか?
時には、我々はすべての生命の中の慌ただしい旅人は過去、何もあまり恋は嘆いている?出会い別れて、生命の旅の中の毎日每刻は漸次上演して、どこかにあったことも。過去のにもかかわらず、過去、未来はまだしていないが、不安を守この静かで、平然とすばらしくて、静を認めて、数えて散る。味わうのは水の流れの日の中で、1部の庸常静かで良い、といって、も一つの静美。
PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

P R