忍者ブログ

skrillex

18歳にあたり

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

18歳にあたり

2歳になる前には生命の中で最も幸せな日に、家の子供に、最大かつ唯一今の寵はない。
3歳で、1998年、雲南難遇の大雪に連れて行かれた一番かわいがってくれたお祖母さま、家中お高く昇る運柩が、私は屋外を見上げて夜空の雪は、目の前が灰色をしていた。それは見たことのある公民の雪を持って、寂しそうと沈黙が、初めて最爱がなければ、恐怖を失って、谁でも信じられない一3歳の子供が記憶するだろう、と切なくて……5歳のお婆さん死去しても、私はそれは大雨どしゃ降り日間も悲しかったのだが、どうしてはしなかった。横隠の心?それとも根性を夺われて。结局必要以上を失うことになるだろう、と僕は亲情ゲップを牛耳っていたが、債務、早晩飽い返さなければならない。
推荐文章:zenglisa
wangqiangmr
lisha2298
cupwakigo
natasha
全ての苦難とが相次いでいることから、そこで私は信禍は片側、弟は生まれつき気管支炎、ママ大病を患い、私は事故で、突然高熱の夜、病院で治療をしてくれない、費用負担を滞納したのに、パパ走った鳴らない一銭を並べているそれらは、子供が私を見て育ったところを、そして家族を大切血亲鑑みれ他人だったのだろうか。役人の50円ハンディキャップといわれた私の命です。おを行っており、これは僕にとってはまだ1件の残酷なそれなのに現実のことであった。
その时は、誰かの冗谈には敏感にでもしよう。軽視は、パパも、他人が我々に少しずつの敵意が赤くなって目でも洋服を恨んで、、本当に恨みを恨んで、自分を守ることはできないんじゃなくて、自分の家族がおかしいのではなく「赤手空拳」の自尊心を回復するまで命でもしてくれません。
以後パパかっとなってからどのでアルバイトをして行ったが、3年、家金を送っていなかったことで、再び会い、过疎地もいなかったお父さんだ。
おばさんは、お母さんの后で、死んだの家で唯一の前の豚、死を前にママに向かって駆けてきて、それを吐いて棉を恐れ、恐れ、あの女は何だったんですが、ママ眠れなくて、寝て、长い间はただの「一夜夜を抱いていたが、私と弟はソファの上で過ごしながら、私一夜夜が流れている」と虚汗梦(ゆめ)の中から覚めがもはや眠りにして、それなのには忍びない。誰にも、みんな疲れていて……ぼんやりとしている。ほら、星を知っているため夜どうしてcollectionだった。
それは最も華やかな时ですね!好きな物を真似て、簡単には褒められると羡望のを眺めながら、君たち甚だ衣怒马生活の中で、私は羨望する、といいたいところもそんなに癇癪「かんしゃく」に生きていてもあった。しかし、私は、何か土の中から生えるでなくだったのだろうか。土の中からなかった蓮はが開け燦爛たるもだめだ。
5年前の同日、君たちが私の诞生日おめでとうございます、初めて知っていて、私も可能だ」と祝福されたもので、一言の言葉だったが、もう忘れないんだ。は言いたいが去ってからずっとが懐かしい。
これは当時、谁人が届きそうな、私は簡単にもらった幸不幸があっても、らだった。刚引き立て間もなく大病を切り抜け、不开の両足を抱き、払えないと思っていますので、行将就木の両腕、死はほど近くほど近く,ひとつひとつ近づき、空白の脳は、ママの涙は、パパの夜半のタバコの吸殻は、掲載しなければならない。
血液が肌に感じながらにじみ出て、ほんのわずか抜け落ち、口の髪はいつでもは血の生臭い塩辛いがあって、人を无比吐き気がします。
病気だ后の私としても楽しいことも嘲笑に侵され、冷たりして、どうして台本は保有の数が少なくても、なければいけないのは失っている。いろんな时が階段を見て運動場が緑しようとする衝動に飛びかかり続けていき、刀で小型自分の腕を见ていて、赤色のたびに、なぜが痛くて、ホント!
お母さんは心は先に年老いていく。
どうして知らないで生きているので、気軽なをつかまえて、一人でゃかいは彼が、絶望的な状況の中で笑ったわらだった。
泣いて笑って、円滑な、左右に彼を見た。爱に落ちぶれるためではありません。あの人はははははは、3月は、现実があまりにも悪かった。本当に悲しいです!
実は何もない……ただ自分片想いだった。
試験が終わってから最も退廃の日には、夜の3时に眠ってしまった、午前7时に目を覚ますと、一日一食の食事をし、一人で圧が通りに燃焼して自分の体力を当座貸し越し信念をもって、一瞬「赤手空拳」……
第1次一気づくことは一生を読んだり、師範、家は負担はありませんしていましたが、私は本当に悔しい思いをして、この一生はこうだ。識見をいくつかの先生の顔を見て……好きじゃない人になりたくありません。私は泣いて、ためというより、がらんとし、怖くて生命はこのように確定した。知っている成績を出してお父さんが初めてほど近くに行って、私に涙を拭いながら、たくないといって私达は読まずになって、私は供です!毎日ばかり考えての言葉に、自白をしたのは利己的な滞在事情を自由にさせている最大の犠牲になった。
道に歩いたことがあってはなら(后悔され……受け入れ逆手愛する。
好きな物を書くことを書いたワイルを象徴するかのように、自分を书く人の話に、他人の話のように、または宛に自分が、梦中になって、忘れた生活を送っていた。
などと忘れていた高校の今そんなにが懐かしい。お幼稚にしておきながら、私たちよりもでもが多かった。
と考えて食べる够挑苦い、见惯れ急患、心の底には、何も言わないが、それが水面に受け取ったのだが、実际はとても幸せだが、このような正攻法を通り過ぎている。
このような时に私は、闪躲それともあなたが私を爱したのですか?
今孤独で最も幸せな微笑みを诘めて、楽しくありませんのはすべてここにいることを、18歳にあたり、ご自身おめでとうございます!
PR

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

P R