忍者ブログ

skrillex

私の前に見て

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

私の前に見て

ミルクティーの店で、しなやかな照明は空色の壁紙に添えて、また優美の純粋な音楽、柔らかなメロディーをこの狭い空間顕の異常安寧調和。
今でもやっと3時半、ミルクティー店うら寂しい、私だけ一人のお客様に座って、私は依然として选択窓際の位置。眺めている町を行き交う人、私はゆっくりと味わう手に握った紫芋味ミルクティー。なじみの香りが漂って、は付属している以前の色々な思い出が頭に浮かぶ。
推荐文章:lvguangsenlin
opyrigril
rmaklirio
lishaling
lisamisschen
私ははっきり覚えていないのは何回目ここに座ってぼんやりしたかもしれないが、十数回、20回かもしれないかも知れないが、この一年の毎週末……この前会った距離は約1年、1年、私はずっと努力した多くの事は忘れて、しかし、私たち知り合いの少しは映画を流すように頭の中で旋回した。
かつてある人は言います:ある人は永遠に逃して、振り返ったが一生。では、私とあなたはもこのようにですか?あなたが私が好きな時、私は気付かない;あなたが私を愛した時、私はやっとあなたを好きになって、愛の炎を消して;あなたのあっという間に離れた後に、私は急にわかって、私はとっくにあなたを好きになって、ただ心の鼓動が遅れ。当初の私たちを思い出してはそんなにの靑の渋い幼稚で、強情な認めない、年少の心はいつも騒々しい、といつも思って避難をよけて、一だまさ、忘れました。しかし、本当の別れた後に、心は突然は空になって、少ないじゃ君に関心を持って人がそばにいてくれて、全体の世界はまるで暗の。心も自分はがらんとしているように、毎日歩いて日光の下でのも、具の肉体だけ。
身の回りの友達たちはほとんどがお揃いの出入りに出て、私は一人で歩く。慣れた習慣で、どのように変えますか?一人で本を図書館に、一人で街をぶらつくご飯をする、一人でなどの車に家に帰って、一人で道イヤホンの歌を聞いて、一人はずっと一人で……私は今の堅持はまたどんなためですか?当初の拒否では自分のための時間ですか?やはり立ち尽くし中のを待って、私はあなたを信じてまた帰って来ますか?
私のとても馬鹿笑った、にぶいのを眺めていた手で握るのこの少し温かいミルクティーカップ、同様にあなたの関心を持って、淡く微かな感じだが、心の底では暖かい。私:やり直せるなら、あなたはまた戻ってこないただ自分を恐れない資格にあなたを愛していたかもしれない、本当に逃しただろう!私はあなたの世界に入ってから断った瞬間、あなたは馬鹿ではもうあきらめてしまったすみません、私は自分のせいでわかる遅すぎで、だから、自分でこんな名殘惜しいのはあなたを思って、すべての夢の中で、1つの深夜の中に、1つの身近な街角……
ひとしきり喧闹声に伴って、私の前に見て、しばらくミルクティーと店のお客さんはまた多くなって、私は鞄の中から取り出して携帯を見て時間、もう六時になりました。
私の考えは現実に戻って、そっと置いて手に握った半杯は涼透たミルクティーをリュックサック、あっという間に喫茶店から出てきた……
PR

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

P R