忍者ブログ

skrillex

真夏の印

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

真夏の印

おそらく雨のせいか、今年の北京の空気がしっとりして私は、少し慣れないで、彼女は内気な娘が、来の熱情が、情熱を期待。彼女のあの澄んで目が私を見つめて、今私は少し内気な頭を下げる。
推荐文章:鄉村女孩 人生の中の花 lulichengmr dianyinggrly's diary jiayixinlive
こんな感じデジャビュじゃなかったら、私は本当にそう徹底的に忘れて!せいは何年もなく迷いの中、せいざわめき混乱蒙は私の心、私の美しい感じ消えて行く。
私はいつもこの真夏の空気を疑って、すべて思いも消えてを尽くして。これは私の子供のころの息吹!
小学校の夏休みの時に日が高いほど、まるで靑いシルク距離遠く、私はいつもそれを見上げ、たまに何雲がゆっくり流れる時に私を覚えていた靑と白!空気は温和で、この穏やかで落ち着いて形容私の印象は、芝生の上に寝て、柳編成で輪を頭の上で、木の葉や草の香りで、私はあの時、呼吸、今考えると本当に自分をどう憎まない何口。夏の熱気は長くありませんて、かえって私が好きな熱、思いきりは埃の空気の中で遊んで、夕日を伴って歩いた帰り道、夜になる時、小さい仲間と笑ってシャワーを浴びて。
夏の夜、星を見ると、たまに光るまばたきし、この時私の弟が天上に関する伝説の質問とか、私たちを検討していたが検討していると、いつの間にか寝。夢の中で私にはよく行くのいくつかの美しい地方で、ホタルが転校して、仲の良い友達、そして想いのいくつかの先生。金色の廊下でが遊んでの声が、私は見た私は彼らとかくれんぼを蛍。
時には深夜に目が覚めて、好きに腹ばいになって窓の外を見星空を仰ぎ見て、静かな世界に、心静かに言えなかった。
雨季は今と同じように軽く、雷も少なく、通常の作文を書くことで土砂降りという言葉がそれ。私はまだ覚えて自分をよく見て下雨に小川の様子を見て送金、傘を持たないでが狂ったように家へ走り、乗用車がなかったた車輪。
雨の後で、それは私の世界!私は靴を脱いだ水たまりにぱたぱた、大人たちに通って、私は笑って。
雨上がりの空気が湿った心にしみわたって、当時私がわからないいかなる形容の言葉を覚えてそれだけ1つのさわやかな感じ。
太陽は棚に上げて、赤日炎炎は暑くじゃないが、干し。私はしごく腕の袖をまくると友だちにキック、よく汗や泥時に帰ってくる。爽快は私の印象。
一陣の風が吹いて、思い出をそっと下ろす。これらの年が麻痺して忘れて、靑春そのある記憶!真夏の印は、少年時代の安らぎ、もと自分は決して見捨てる。
PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

P R