忍者ブログ

skrillex

雨のどこ

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

雨のどこ

3 .雨がまだ降っている。疲労にはどこかにも、世の中のすべての汚れています!
雨は繊細な、雨は生きていた。雨と大地が共感する瞬間、この世界が覆って美しいとおぼろに、世の中の万物をすれば卷一に、ぼんやりとした、はっきりしないのは、やはりキレイ、しょうがないので彼女を発見という弱点があった。雨の美しいのは決してだけでは彼女の曖昧だったこと、彼女のエピローグと优しさ、静かに」を楽しんでいる……
僕には何となく爱在小雨の里を歩きながら、騙」だま『雨仕舞って私のそばにいただけで、ただただ立てて、それのようにされて雨儿をなでていた。それを感じて感じ、清涼剤、ほうっと、そして1部の言葉で言い表せないほどの爱です。心境はいつの间にかを乗り越えて千年、南の張志和、青箬笠、緑の蓑衣難問を斜风细雨ざるを得なかった。もたれる窓の易安士は、「昨夜雨疏風ボッ濃寝ジャンパーに残酒を塗り浮つい人であるが、道のりんごは依然として変わらない。知非常に知られているのかは绿肥しなければならない。陈与义紅痩せた、ベゴニアにも辞さないという胭色で、独立時折小雨が降る中だった。考えてみれば、東西古今の多くの絶景とが、雨の中から出た。はっとしたようにして戴望舒路地を重んじ、雨の中のあの正を支えていて、色の风味の傘が、ますます近くなって……
私は信じて、爱する人は旷达雨の日だった。たとえ履き違えていくらけ、雨儿は、その恋をしていたへ行って、いい思い出だけを残し旷达美嘉に総力を上げて生活を送っていた。雨あがりは格別で濡れたので清潔でが明るかった空を眺めた。美学を追求する「形で放出」なら、感性、世界現象世界や経験の世界を目指すで离れに目覚め、放しに心を放って精神を新たな審美体験、新たな生き方がある。楽観は、自然しなければならない。
「お愿いは五百年の风吹日晒、五百年の寒霜雨打にあなたに……」仏よ、知ってるが、もしも厳しい寒さにも猛暑の五百年も容易なことではない荡涤君の心を磨くあなたの気持ちを込めて、君はあの橋に歩いたことがだろう?この世の無常さは、心に関系なく、まるで気まぐれな雨ではなくて、自分が生まれた心を持った人には、どこにもこのこともできた红尘の人のうち俗世のか。
雨が落ちて、はげしく庭木はげしく庭木のも時間が流れてゆく。愿いのはアメの古着の下で、人々はできるものではない」と洗尽铅华不謹慎だ、蔵心と新鲜の堂々とした姿勢で、あっさり汝によりかかっていた。外部のすべてのことを気にかけない、ただ秘蔵のために、自分の心の物だった。だったら、濡れた小雨が降る中、気がしないあなたの熱い心を持っています。その热を読んでみて、雨が降ったという。
雨儿持って私のその静かな粛清感と吟味するか釈然としない様子が非常に美しいか分からないまま、然雨がやんだが、総会が来るから、爱の雨儿…
PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

P R